フィラリアの怖さを本当に理解していますか?フィラリア症の予防のすすめ。フィラリア症というのはとっても怖い病気ですが、しっかりと危険性を理解して予防することでペットを病気の恐怖から守ってあげることが出来ます。怖さをしっかりと理解して、シッカリと予防してあげましょう。

フィラリア症(犬糸状虫症)について

フィラリア(犬糸状虫症)は犬の肺動脈や心臓に寄生する寄生虫が、蚊を媒介として大切な愛犬に感染してしまう怖い病気です。フィラリアは犬の心臓や肺の血管に寄生しながら、血液中の栄養分を吸いとる寄生虫なので、寄生されてしまうと愛犬の心臓や肺だけでなく、肝臓、腎臓などの大切な臓器にさまざまな障害をきたすようになります。この状況を放置してしまうと死に至ることもあり、犬にとってはとても深刻な病気といえます。

【症状と感染の原因について】

フィラリア(犬糸状虫症)に感染した初期は特に目立つような症状というものはありませんが、年月が経過すると共にゼーゼーした咳が出たり、息が荒くなるなどの呼吸器の障害症状が徐々にひどくなり、 四肢がむくんだり、腹水(お腹に水がたまって膨れること)などが見られ、散歩中に休んでしまう回数が増えるなど運動を嫌がるようになります。 さらに症状が進行すると吐血したり失神を起こす事があります。

また、病状が進行して急性の大動脈症候群にかかってしまうと循環不全に陥り、血尿、呼吸困難といった症状が起こります。 特に急性の場合はすぐに獣医の診察・処置を受けないと、死に至る恐れもありますので、早い段階での対象療法が必要になってきます。

感染原因としては、蚊がフィラリアに感染している犬を吸血した際に、フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が蚊の体内に侵入します。 フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)は、蚊の体内で感染幼虫へと成長し、さらに他の犬を吸血した際に刺し口から犬の体内(皮下)に侵入し寄生するのです。犬の体内(皮下)に寄生した感染幼虫は、脱皮を何度も繰り返して成長し、2〜3ヶ月の期間で犬の血管に到達します。 最終的には静脈血管の中をつたって心臓に到着し、右心室や肺動脈に寄生します。フィラリアはその後、半年ほどすると成虫となり、 フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を産生するようになってしまいます。

予防方法について

フィラリア症を確実に予防する方法は、毎月1回の予防薬を定期的に投与することです。フィラリア予防薬はフィラリアが幼虫の間に血管に到達する前に死滅させ、心臓に寄生するのを防いでくれるものです。 このため、フィラリア予防薬の一般的な投薬期間は、蚊が出始める時期(5月下旬頃)から、出なくなる時期(12月頃)までの間の約半年間とされています。

予防薬の投与に関しては、今はもう蚊がいないから、と勝手に中止することをせず、定められた期間中はきちんと投薬する事が大切です。特に最後の投薬後、フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を持っている蚊に刺されると翌年予防薬を飲ませるまでの間にフィラリアが育ってしまいます。 蚊の活動時期は地域によって異なりますので、地域ごとの予防期間については、必ずお住まいの動物病院の指示に従ってください。

【投薬量について】

薬は犬の体重によって量が異なります。ペットの体重に合わせて、適切な量の薬を飲ませて下さい。適切な量を投薬するためにも、シーズン前に体重の測定をお勧めします。犬と一緒に体重計に乗り、自分の体重を差し引くことで犬の体重がわかります。適切な投薬量については動物病院の指示に従ってください。

治療方法について

フィラリア症とわかったときには、薬で虫体を死滅させる内科的療法か、急性期のフィラリア症の場合には先端がピンセットのようになっていて、 自由自在に動く器具を頚動脈から心臓まで入れ、フィラリア虫体を摘出する外科的療法をおこないます。薬によって死滅させる場合、 フィラリアはやがて肺動脈の血液の中で分解されて消えてしまいますが、寄生虫が多い場合には多数の死んだ虫体が肺動脈に詰まることがあり、 たいへん危険性がともないますので慎重に投与する必要があります。

ペットがフィラリア症になってしまったら

フィラリア症にかかったペットの症状は、寄生してからの期間と寄生したフィラリア数により異なります。一般的に、寄生数が少ない場合・初期の場合はほとんど症状がないので、発見しにくい状況です。病気の進行により気付くのはまず咳です。その後、元気がなくなってきて散歩などの運動に消極的になりますので、気になる行動が目につきましたら病院に連れていきましょう。
■フィラリア症の診断に関して

フィラリアの成虫は心臓、肺の血管に寄生しているので、直接、見つけ出すことできません。一般的な方法として、血液中のミクロフィラリアや、成虫の排泄したタンパクを確認する方法がとられます。上記の診察で寄生が確認されたら、レントゲン撮影、心電図、超音波検査などを行い、寄生部位の損傷具合を詳しく
調べます。心臓や肺は弱りやすいので、特にしっかりと検査いたします。

フィラリアによって弱った臓器などは、駆除剤でフィラリアの駆除を行うことはできますが、傷んだペットの身体は決して元通りになりません。 肺・心臓・血管へのダメージは大きく、完治して元の元気な状態へ戻るという事は難しいのが現実といえます。

フィラリア症の治療に関しては、犬の年齢や寄生の状況などをシッカリと診察後、状況に合わせて処置が施されます。犬に体力が残っている場合はフィラリアを駆逐する処置がとられることもありますが、駆除薬を投与すると、フィラリアが死滅したものが肺の血管に詰まってしまい、病気を悪化させてしまう場合もあります。

もし、急性の悪化症を起こした場合は緊急手術を行う必要があります。 頸部の静脈から特別な医療器具で心臓内のフィラリアを釣り出すもので大変ペットの体に負担を与える可能性があります。

駆除、手術などにに耐えられないと判断されるケースも多くあります。 その場合は、症状に対する対処療法を中心に行い、寄生フィラリアの数が自然に減少することを期待することになりますが、 快方に向かうという可能性は高くありません。

”最善の選択は寄生させない事”

予防することがとても重要なのです。